【し】から始まる用語一覧

【し】から始まる用語一覧

仕上げ裁ち【しあげだち】

印刷、製本後、本の仕上がり寸法通りに紙を切ること。
本の場合は天、地、小口の三方を機械で裁つ。
表紙と中身を別に裁つものと、表紙と共に裁つものがあります。

CTP【シーティーピー】

「コンピューター トゥ プレート」の略です。
コンピューターから直接刷版を作ることを言います。
中間感材無しで、直接版を作りますので、データのままの印刷が可能です。
フィルム出力する必要がないので、今までより安く版を作れます。

CMYKカラー【シーエムワイケーカラー】

CMYはそれぞれ、シアン、マゼンダ、イエローの略で、色料の三原色と言われています。
これらは、混ぜれば混ぜるほど色が暗くなり、黒色に近づくため、「減法混色」とも言います。
ただ、実際には、CMYだけでは、綺麗な黒が出ないため、CMYにK(ブラック)を加えた4色でカラー印刷をします。
また、似たものに、RGBカラーというものがあります。
こちらは、それぞれ、レッド、グリーン、ブルーの略で、光の三原色と言われています。
こちらは、混ぜれば混ぜるほど色が明るくなり、白色に近づくため、「加法混色」とも言います。
パソコンのモニターやテレビ等は、このRGBカラーで色が表現されています。

出力【しゅつりょく】

パソコン上で製作したものを、プリント又はフィルム、刷版にする事を言います。

上質紙【じょうしつし】

化学パルプだけを原料にしており、非塗工紙の中では最も白色度が高く、印刷効果が良い紙です。
雑誌や書籍の本文頁に使われます。
着色した色上質紙もあります。

上製本【じょうせいぼん】

一般的な製本方法には、上製本と並製本があります。
雑誌の中綴じや新書・文庫の無線綴じなどを仮製本、並製本と言います。
それに対して上製本は、表紙にクロスや皮や印刷紙を使いそれらで芯紙をくるんで、ハードカバーの表紙に仕上げます。
背中を糸かがりする「丸背」と無線綴じのホットメルトで固める「角背」があります。
角背は本の開きが弱いので、のどを少し多めに取る必要があります。
自費出版で句集や歌集などを作られる場合は、オンデマンド印刷で本文を印刷し、角背のハードカバーを使用することで、お安く豪華な本を制作することが出来ますのでお薦めです。

書籍用紙【しょせきようし】

少しクリームかかった主に書籍の印刷で使われる用紙です。
イニュニックでは、自伝や句集、短歌集でご提案させて頂いております。

四六判【しろくばん】

JIS規格外(旧規格)の原紙寸法「788×1091mm」。
主にこのサイズの用紙を使ってB判の本を作ります。
上製本屋さんは、四六判と言えばB6より少し大きいサイズの本の事を言います。

頭文字から用語をさがす