【お】から始まる用語一覧

【お】から始まる用語一覧

オーバープリント【おーばーぷりんと】

カラー印刷では4色のインク(CMYK)を使って色を表現しますが、印刷時にインクの色ごとに刷版が作られ、順番にインクを刷り重ねることで印刷が行われます。
その際、それぞれの版の位置が少しでもズレると異なる色と隣り合ってる部分に隙間ができ、紙の色がでてきます。
これを版ズレといいます。

防ぐ方法として、オブジェクト全体で色を混在させる方法があります。
また、墨文字などでしたら他の色の上に乗せる方法がよく行われます。
これらをオーバープリントといいます。

奥付【おくづけ】

本の最後に、書名、著者名、編集者名、発行者名、発行所名、発行日、定価などをまとめて記した頁、あるいはその箇所のことをいいます。

オフセット印刷【オフセットいんさつ】

現在行われている印刷のほとんどがオフセット印刷です。
平版(アルミ、PS版)の版上に油のなじみやすい部分と水になじみやすい部分を化学的に作製し、油になじみやすい部分にインクを乗せ、紙に転写する仕組みです。

オフ転【オフてん】

オフセット輪転印刷機の略。
チラシなど大量部数を印刷するのを目的としています。

折り加工【おりかこう】

印刷物を折りたたむことをいいます。
二つ折、三つ折、DM折、また冊子などでは頁順に8頁分の四つ折、16頁分の八つ折などがあります。

折り込み【おりこみ】

本の大きさより大きい紙を折りたたんで、本に綴じてあること。
目次や図表、写真などに見られます。二つ折、三つ折等にして折り込みます。

折丁【おりちょう】

折りの終わった印刷物。
一般的には1つの折りが16頁で1単位(1台または1折)をしています。

オンデマンド印刷【オンデマンドいんさつ】

オンデマンド印刷とは、高性能プリンター(ジャパンカラー準拠、ハイスピード)で、少部数の印刷物を短納期で納める印刷・製本形態の総称を言います。
大量部数を前提に作られたオフセット印刷機に比べ、オンデマンド印刷はプリント出力するプリンターですので、一部からの料金設定となっており、少部数でしたら、従来のカラー印刷に比べ大変安価にカラー印刷が可能です。
又、とてもスピーディーです。
プリンターだけで無く、大容量用紙トレイ(用紙乾燥)折り機、丁合機、中綴じ製本機等が装備されており、印刷と同時に製本加工を行い、完成された状態で出来上がってきます。

頭文字から用語をさがす