【あ】から始まる用語一覧

【あ】から始まる用語一覧

アート紙【アートし】

コート紙の一種で、表面にコート剤を2回重ねて塗布してある事により、白色度が高く表面がとても滑らかな用紙です。
主に、美術書・写真集・高級カタログ・パンフレット等での使用が多く見られます。
なお「アート紙」「マットアート紙」以外にも、マット紙でありながらインキの載った面だけ、光沢を帯びる「ダルアート紙」もあります。

RGBカラー【アールジービーカラー】

R(レッド)G(グリーン)B(ブルーバイオレット)の略です。
デジタルカメラ、モニター等は「RGBカラー」ですので、印刷工程では、RGBカラーをCMYKカラーに変換します。その際、色味が変ることがあります。
イニュニックでは、色補正サービスを行なっております。

アウトライン化【アウトラインか】

Illusttratorなどで、文字データを線画に変換する機能をいいます。
文字の輪郭が線画に変換されますので、文字化けなどのトラブルを避けられます。

アウトラインPDF【アウトライン ピーディーエフ】

(株)キャノンが開発したファイル形式。印刷業界向けPDF/X-1aより、さらに限定的に特化したもの。
文字データをアウトラインのベクトルデータに変換して圧縮してあるので、画像データの再生環境(CTP刷版)に依存せずに精細な文字を表示できます。
Illustratorを使用することで、文字やグラフィックデータの再利用が可能になります。
PDF/X-1aより、限定的に特化したアウトラインPDFの利点は、より多様な出力環境への対応が可能になることです。
(文字化けなどのトラブルが少なくなります。)
短所は、文字がほんの少し太ること、グラデーションに少し難があること。

赤字【あかじ】

文字校正の際に、誤字、脱字、欠字などを、校正記号を使って、赤い筆記具で書き示す作業から、訂正箇所の総称として使われます。

アクロバット【Acrobat】

アドビシステムズが販売している、PDFファイルを作成、表示するソフトウェアです。
スタンダード版と、プロフェッショナル版があり、文書をPDFファイルとして保存すると、異なったOSの環境でも書式などの体裁を保ったまま表示できます。

網代綴じ【あじろとじ】

印刷物を綴じる方法の一つで、外見上は、無線綴じ(並製本)と変わりませんが、折り丁の背に切り込みを入れ、接着剤をよりしみ込ませて背を固めています。

アタリ【アタリ】

アタリケイの略。写真などをレイアウトする際に、絵柄の一部の輪郭のことを指します。

アップグレード【upgrade】

ソフトウェアやハードウェアを、より新しいものやより高性能なものにバージョンアップさせること。

アップデート【Update】

アプリケーションソフトのバージョンを、より新しいものに書き換えることをいいます。
アプリケーションソフトは、常に、新しくより良いものに日々、進化し、更新し続けております。
アプリケーションを使用する際は、最新のバージョンにアップデートすることをお勧めします

アドビ【Adobe】

「InDesign」「Photoshop」「Illustrator」などのアプリケーションを開発・販売するソフトウェアメーカー。
PDFファイルやPostScriptも、同社によって開発されています。アドビシステムズ。

アドビリーダー【Adobe Reader】

アドビシステムズが配布する、PDFファイルを表示するための無料アプリケーションです。
従来「Acrobat Reader」と呼ばれていましたが、バージョン6.0以降「Adobe Reader」に改称されました。

アナログ原稿【アナログげんこう】

手書き原稿や、プリンタ等でプリントした原稿の事をいいます。

アプリケーション【Application】

コンピュータを特定の目的に利用するためのソフトウェア。
ワープロソフト、表計算ソフト、DTPソフト等、様々な物があります。

網掛け【あみかけ】

ワープロなどで使用される文字装飾の一種です。文字の上に細かい点の模様を重ねて修飾します。

網点【あみてん】

プリンタや印刷物の色の濃さを表す網状の点を指します。
点の大きさと密度で色の濃さを表します。
点が小さく密度が低いほど色は薄く、点が大きく密度が高いほど色は濃く表現されます。

頭文字から用語をさがす