ご入稿ガイド

「送り先」「ご入稿時に必要なもの」「ご入稿方法」等について、ご説明させて頂いております。

データ、出力見本等の送り先について

郵便番号:173-0026
住 所:東京都板橋区中丸町 31-3
名 称:株式会社イニュニック
TEL:03-5995-6608
FAX:03-5995-6609
メールアドレス:nyukou@inuuniq.jp

ご入稿時に必要なものについて

印刷発注書(発注書はこちらからダウンロードして下さい)
完成データ(PDF/X-4又はX-1aをお薦めします)
出力見本(プリントアウト出力紙又は、スクリーンショット画像)

ご入稿方法について

「WEB入稿」「ファイル便入稿」「メール入稿」「メディア入稿(郵送、ご来店)」等、どのような方法でも大丈夫です。
各方法についての注意点は以下をご覧ください。

WEB入稿について

一度に送信できるファイルサイズの上限は「700MB」となっております。
詳しくは、こちらのページをご覧ください。
出力サンプルを郵送、又は添付してお送り下さい。
印刷発注書をメールに添付、又はFAXにてお送り下さい。

ファイル便での入稿について

「ギガファイル便」や「firestorage」「データ便」「宅ファイル」等がございます。各サイトでの説明に従い、ご利用下さい。
入稿データを圧縮してから送信して下さい。
出力サンプルを郵送、又は添付してお送り下さい。
印刷発注書については、メールに添付、又はFAXにてお送り下さい。

メール入稿について

添付されるデータ容量は「10MB」以下にして下さい。
入稿データを圧縮してから、メールに添付して下さい。
出力サンプルを郵送、又は添付してお送り下さい。
印刷発注書をメールに添付、又はFAXにてお送り下さい。

メディア入稿について

MO・CD-R・DVD-R・FD・USBでの入稿に対応しております。
出力サンプルとご一緒に、弊社へご郵送してください。
印刷発注書については、メールにて添付、又はFAXにてお送り下さい。

印刷データについて

オーバープリントの設定はしないで下さい。
オーバープリント設定をした場合、文字が抜ける等のトラブルの原因になります。
オーバープリント設定の有無は弊社のデータチェックの対象外ですので、予めご了承ください。
画像の解像度は、出力時に300dpi~400dpiになるように調整して下さい。
WEB上にあった写真は、解像度が72dpiになっております。
印刷では、あまり綺麗に印刷されませんのでご注意ください。
線幅を設定するときは0.25ptまたは0.1mm以上に設定して下さい。
裁ち落としのある場合は、外側へ3mm塗り足しを付けて下さい。

カラー印刷について

CMYKカラーモードで編集できるアプリケーションでは、カラーモードは「CMYKカラー」を選択して下さい。

モノクロ印刷について

データはグレースケールで作成して下さい。
グレースケールではない場合、該当箇所が印刷されない等のトラブルの原因になります。
グレースケールか否かのチェックは弊社のデータチェックの対象外ですので、予めご了承ください。

モノクロ写真画像について

デジタルカメラの撮影は、一番解像度の高いモードに設定して撮影してください。
写真のモノクロ印刷では、諧調や明るさやコントラストをアミ点で表現します。
デジタルカメラで撮影したままの写真では、印刷に適したアミ点にならず、きれいに印刷されないものもあります。 印刷する時のサイズで350dpiになるように、解像度または画素数をお選びください。

WORD

カラー写真をグレースケール(図.ツールバーの中)に変換してください。
明暗とコントラストで写真を明るくシャープになるように写真を調整してください。

フォトショップ

カラー写真をグレースケール(モード)に変換してください。
120線CTPの場合、ハイライトを10%(白)シャドーを85%(黒)でのレンジに設定して下さい。
175線CTPの場合、ハイライトを5%(白)シャドーを90%(黒)でのレンジに設定して下さい。
アンシャープマスクを強くかけて下さい。175線CTPでコート紙を使う場合は、やや強めに。
120線CTPで上質紙を使う場合は、画面上でも強すぎるぐらいが、印刷時に丁度よくなります。
用紙の種類やCTPの種類に因っても写真画像を調整される事をお勧めします。

無線綴じについて

背表紙について

背表紙に文字等を入れる場合は、背表紙のデータもご入稿下さい。
表1、4と背表紙のデータは、バラバラでも一纏めでも、どちらでも構いません。
背表紙の厚さは、(表紙の厚さ×2)+(本文の厚さ×ページ数÷2)から、大凡の厚さが分かります。
製本時に多少の揺れはでますので、厚さギリギリの文字、べた等のデザインはお避け下さい。

ノドについて

背を糊で固めるため、ノド側の3mm位は完全に見えなくなります。
また、10mm位まではかなり見辛いので、文字等重要な情報は入れないほうが無難です。

ワード・エクセル・パワーポイントでのご入稿について

弊社にてPDF変換を行い、データを返送致します。(変換料がかかります)
返送されたデータをお客様の方で校正して頂き、問題無いようでしたら、印刷にかかります。

ワード・エクセル・パワーポイントは、文書の作成時のページ設定の管理をプリンタドライバーにまかせています。
そのため出力環境が変わると、その変わった場所にあるプリンタドライバーで書式設定をしますので、レイアウトやフォントが変わる場合があります。
それに対してアドビPDF/X-4又はX-1aは、一旦作成したら変更の効かないデータ形式のため、事故が起きにくくなります。
変換されたPDFデータは、OSやシステム環境の違いを乗り越えて閲覧・出力する事ができ、ファイルサイズも小さくなりますので、メールで送る場合も便利です。

PDFデータについて

フォントはすべて埋め込んで下さい。
セキュリティの設定はしないで下さい。
PDF保存のできるアドビ社製のソフトをお使いの場合、不具合の発生するものもあります。なるべくPDF変換ソフトをお使いになられる事をお勧めします。
無料のPDF変換ソフト等で、不具合の発生しているものもあります。純正のアドビ・アクロバットのご使用をおすすめします。

Adobe Indesignデータについて

PDF書き出ししたものをご入稿下さい。
プリセットは「PDF/X-4又はX-1a」をお選び下さい。
裁ち落としを天・地・ノド・小口に「3mm」づつ付けて下さい。

Adobe Illustratorデータについて

入稿用のデータは、Illustrator EPS(EPS)形式で保存して下さい。
IllustratorからのPDF形式データ保存は「CS3」以降で行ってください。ただし、プリセットは「PDF/X-4又はX-1a」でお願い致します。
保存の際の設定は次のように選択して下さい。
「バージョン」変更しないで下さい。
「透明」高解像度。
「フォント」他のアプリケーション用にフォントを埋め込むにチェックを入れて下さい。
「オプション」配置した画像がある場合は必ず「配置した画像を含む」をチェックします。
弊社にないフォントは全てアウトライン化、または、保存時に「他のアプリケーション用にフォントを埋め込む」にチェックを入れて下さい。
トンボをつける場合は、トリムマークで作成して下さい。
出力に関係のないオブジェクトやレイヤー、スウォッチ、ブラシ、シンボル、余分なアンカーポイント等は削除してください。
書類設定等は次のように設定してください。
「透明」高画質・高解像度
「ラスタライズ」600ppi・高解像度
「グラデーションメッシュ」300ppi
1つのIllustratorファイルにつき、1ページもしくは2ページ(見開き)の状態で作成して下さい。また、ファイル名に何頁目のデータかを必ず明記して下さい。

Windowsデータについて

以下のフォントは使用しないで下さい。
DHP行書体/DHP平成ゴシックW5/DHP平成明朝W3/DHP平成明朝W7/DHP特太ゴシック
DF行書体/DF平成ゴシックW5/DF平成明朝W3/DF平成明朝W7/DF特太ゴシック

弊社にある使用可能なアプリケーション

Word 2003/2007/2010
Excel 2003/2007/2010
PowerPoint 2002/2003/2007/2010
Publisher 2002/2003/2007
一太郎 12
Illustrator CS/CS2/CS3/CS4/CS5/CS6
InDesign CS2/CS3/CS4/CS5/CS6
Photoshop CS2/CS3/CS4/CS5/CS6

弊社にある使用可能なフォント

Windows標準搭載フォント
上記以外でもフォントを添付して下されば問題ありません。

Macintoshデータについて

弊社にある使用可能なアプリケーション

Illustrator 8.0.1/9.0.2/10.0.3/CS/CS2/CS3/CS4/CS5/CS6
Photoshop 7.0.1/CS/CS2/CS3/CS4/CS5/CS6
InDesign CS/CS2/CS3/CS4/CS5/CS6
Quark Xpress 3.31r7/4.1r2/6.51
EdiColor 5.0.1/6.0.1

弊社にある使用可能なフォント

モリサワ フォント(MORISAWA PASSPORT)
ダイナフォント(TypeX ATM-CID150 、Open Type 100 standard)
上記以外でもフォントを添付して下されば問題ありません。

テキスト入力サービス

手書き原稿やワープロ原稿のテキスト入力サービスを行なっております。
手書き原稿は、なるべくコピーして、タイトルと順番を示す番号を明記して下さい。
強制改行を除く、すべての数字・文字・スペースをカウントいたします。
テキストデータの納品は、メールでの添付ファイルとなります。
原稿の状態や量、又は当社の受注状況によっては、お時間をいただく場合もございます。
読めない文字は、●▲■等の記号表示になります。
料金は、500円+0.5円×文字数となります。

印刷職人 現場の目利き
印刷職人 現場の目利き

オフセットのデータ オンデマンドのデータ

オフセット印刷の網点の一粒は、ブランケットが新品の状態でも95%、水を使っているのでところどころ掠れて90%ぐらいの印刷仕上りになります。 網点の濃さ・大きさの事です 一方、オンデマンドの網点の一粒は、1mm位の至近距離からノズルで紙に向かってピチャッと吹きつけます。 この時、網点の廻りに太陽のフレアの様な点々が付きます。 ですから、オンデマンド印刷では、105%ぐらいの印刷仕上りです。 もう一つ、オフセットは水を使うのですが、オンデマンドは水を使いません。 ここでインキの濃さの違いが出ているのですが、さらにオフセットインキの顔料とオンデマンドトナーの顔料の濃さの違いがあります。 オンデマンドのトナーは青黒いです。濃いです。 その特性を考え乍ら、オフセットとオンデマンドは、データを作り分けないといけません。

さらにモニターのRGBから印刷のCMYKにする時に、印刷用のデータに加工する事も必要です。 光の三原色は、どこまでもすっきり明るくメリハリがありますが、印刷のCMYKは、少し暗くぼやけます。 これを、フォトショップで、元のRGBに近づけながら、CMYKでメリハリのあるスッキリ感を出し、さらにそこから、オンデかオフの分れ道に分け入ります。 実際の写真データより、明らかに明るく見えていますので、まず、中間色を10~15%明るくします。 明るくすると、コントラストが下がりますので、コントラストを上げます。 それからシャープネスをかけますが、その時、オンデマンドの方を少し強めにかけます。 オフセットの方は彩度を上げると良くなります。

それともう一つ。オフセット印刷はどこまでもデータに忠実に再現する事を目標にしています、他のやりようを知らない。 オンデマンド機は、線数を変更したり、電圧を変えたりする事で、少し調子を変える事ができます。 しかしそれ以上にデータ通りでは無い、ちょっとした化粧をしているような気がします。 家庭用のプリンターは、メーカー独自の方法で、プリントしていますので、同じデータで流してもプリンターによって様々な出方をします。 一般的にオンデマンド機はデータに忠実に印刷をすると云う所が、家庭用プリンターと一線を画すところですが、実状はオンデマンドメーカーのプラスαがあります。

お問い合わせ 自動見積り 特殊製本のお見積り