オンデマンド A4横本中綴じ冊子印刷【サンプル4】

仕 様刷 色オモテウ ラ印刷タイプ用 紙
表 紙両面モノクロ_1mono_2monoオンデマンド上質 70K
本 文両面モノクロ_3mono_4monoオンデマンド上質 70K
製 本中綴じ
 
記載している「部数・ページ数」以外のご注文も承っております。
金額につきましては、「お見積りフォーム」よりお問い合わせ下さい。
 
色校正は別途料金にて承っております。詳しくは「各種色校正」をご覧ください。
ご入稿と納期について
ご入稿時に必要な物印刷発注書 ・ 完全データ ・ 出力見本
詳しくは「ご利用ガイド」をご覧ください。
納期の目安午前10時迄のご入稿で「4日目」発送

料金表

A4横サイズ料金表

表紙+4P 表紙+8P 表紙+12P 表紙+16P 表紙+20P 表紙+24P 表紙+28P 表紙+32P
10部 12,610 13,510 14,410 15,320 16,220 17,130 18,030 18,930
20部 13,050 14,170 15,300 16,420 17,550 18,670 19,800 20,920
30部 13,490 14,840 16,180 17,530 18,880 20,220 21,570 22,910
40部 13,930 15,500 17,070 18,640 20,200 21,770 23,340 24,900
50部 14,380 16,170 17,950 19,740 21,530 23,320 25,110 26,900
60部 14,820 16,830 18,840 20,850 22,860 24,870 26,880 28,890
70部 15,260 17,490 19,720 21,950 24,180 26,420 28,760 31,190
80部 15,700 18,160 20,610 23,060 25,690 28,380 31,060 33,740
90部 16,150 18,820 21,630 24,560 27,490 30,430 33,360 36,290
100部 16,590 19,750 22,930 26,110 29,290 32,480 35,660 38,840
110部 17,360 20,800 24,230 27,660 31,090 34,530 37,960 41,390
120部 18,160 21,850 25,530 29,210 32,890 36,580 40,260 43,940
130部 18,960 22,900 26,830 30,760 34,690 38,630 42,560 46,490
140部 19,760 23,950 28,130 32,310 36,490 40,680 44,860 49,040
150部 20,560 25,000 29,430 33,860 38,290 42,730 47,160 51,590
160部 21,360 26,050 30,730 35,410 40,090 44,780 49,460 54,140
170部 22,160 27,100 32,030 36,960 41,890 46,830 51,760 56,690
180部 22,960 28,150 33,330 38,510 43,690 48,880 54,060 59,240
190部 23,760 29,200 34,630 40,060 45,490 50,930 56,360 61,790
200部 24,560 30,250 35,930 41,610 47,290 52,980 58,660 64,340

オンデマンド A4横本中綴じ冊子印刷 料金サンプル

印刷職人 現場の目利き

ジン(ファンジン)

印刷現場が紙やインキや完成形の出来具合ばかり見ているかと云うとそうでも無く、内容もしっかり見ながら仕事もしているのです。役所の報告書などと云うお堅いものは、あまり内容に興味も湧きませんが、趣味性の強いファンジン等は、その内容の思い入れの強さからついつい気になります。仕事を忘れて読み続ける事などもあります。少部数のZINEは無くなりませんね。前に比べると増えている感じがします。500部以下位の数の繋がりが丁度、顔が見えて、感覚が共有できて、同好の士が集まりやすい数なのでありましょう。具体的に紙の書物になる事でサークルのアイコンになり、聖典になって行くのだと思います。とするとジンは結社ですね。聖書や仏典と同じです。コミケの同人誌と俳句、短歌の結社も同じです。結びつけているのは人です。俳句や同好会のテーマは結ぶための道具にすぎません。ネットで人の結びつきが弱くなればなるほど、ジンは強くなるのでしょう。必要であるのです。必要は趣味を越えます。
損得を越えて繋がりを深めます。ジンの隆盛はその辺にあるように見受けられるのです。勿論内容が深く精緻であればあるほどアイコンは強い物になって行きます。ジンはコミュニケーションツールなのですね。想いを紙にデザインしてジンに語らせる。その思いは、フィールドを越え、時間を越え、見ず知らずの他人を繋いで行きます。ジンカルチャーを支える人たちは、商業主義を嫌いSNSに満足せず、デジタルなものに距離を置く人々ですが、それは今まさに、各地で起こり始めている事にシンクロします。ネットとデジタルの20年。今やっと、原点回帰の流れが出来始めている気がします。人に心と身体が有る限り本は死なない、ジンは亡くならない。

お問い合わせ 自動見積り 特殊製本のお見積り