オンデマンド PUR製本冊子印刷

教科書・料理レシピ本・楽譜・画集・写真集・取扱説明書などに

HORIZON BQ-480 自動無線綴機

PUR製本機
製本サイズ最大320mm×320mm
最小145mm×105mm
製本厚さ最大65mm(約1300ページ)
最小1mm
表紙サイズ最大320mm×670mm
最小135mm×225mm
仕上がりサイズ310mm×310mm〜A4、A4縦本、A4横本、B5縦本、B5横本、
A5縦本、A5横本、B6縦本、B6横本、A6縦本、A6横本(2丁かけ)
製本処理機能ミーリング製本、アジロ製本、天のり製本
製本のり種類EVAのり:ニッタイトHL-701S
PURのり:DIC、タイフォースEN-703、ニッタイトARX-1299

PUR製本代(オンデマンド印刷丁合済み)製本価格表

ページ\部数 20部 40部 60部 80部 100部 150部 200部 250部 300部
〜50P 5,500 6,000 6,500 7,000 7,500 9,000 11,000 13,000 15,000
〜100P 6,100 6,600 7,100 7,600 8,100 9,600 11,600 13,600 15,600
〜150P 6,700 7,200 7,700 8,200 8,700 10,200 12,200 14,200 16,200
〜200P 7,300 7,800 8,300 8,800 9,300 10,800 12,800 14,800 16,800
〜250P 7,900 8,400 8,900 9,400 9,900 11,400 13,400 15,400 17,400
〜300P 8,500 9,000 9,500 10,000 10,500 12,000 14,000 16,000 18,000
〜350P 9,100 9,600 10,100 10,600 11,100 12,600 14,600 16,600 18,600
〜400P 9,700 10,200 10,700 11,200 11,700 13,200 15,200 17,200 19,200
〜450P 1,0300 10,800 11,300 11,800 12,300 13,800 15,800 17,800 19,800
〜500P 10,900 11,400 11,900 12,400 12,900 14,400 16,400 18,400 20,400
〜550P 11,500 12,000 12,500 13,000 13,500 15,000 17,000 19,000 21000
〜600P 12,100 12,600 13,100 13,600 14,100 15,600 17,600 19,600 21,600
〜650P 12,700 13,200 13,700 14,200 14,700 16,200 18,200 20,200 22,200
〜700P 13,300 13,800 14,300 14,800 15,300 16,800 18,800 20,800 22,800
〜750P 13,900 14,400 14,900 15,400 15,900 17,400 19,400 21,400 23,400
〜800P 14,500 15,000 15,500 16,000 16,500 18,000 20,000 22,000 24,000
〜850P 15,100 15,600 16,100 16,600 17,100 18,600 20,600 22,600 24,600
〜900P 15,700 16,200 16,700 17,200 17,700 19,200 21,200 23,200 25,200
〜950P 16,300 16,800 17,300 17,800 18,300 19,800 21,800 23,800 25,800
〜1000P 16,900 17,400 17,900 18,400 18,900 20,400 22,400 24,400 26,400
 
表紙・本文ともに、オンデマンド印刷の設定となっております。
 
サイズは「A4・B5・A5・B6」です。
 
製本方法は「PUR製本」です。※PUR製本とは
 
パック商品ではございません、料金サンプル以外の仕様も承っております。
金額につきましては、「お見積もりフォーム」よりお問い合わせ下さい。
ご入稿と納期について
ご入稿時に必要な物 印刷発注書
※備考欄にPUR製本希望の旨、ご記入下さい。
・完全データ
・出力見本
詳しくは「ご利用ガイド」をご覧ください。
納期の目安午前10時迄のご入稿で「2週間後」発送

オンデマンド PUR製本冊子印刷 料金サンプル

PUR製本の特徴

PUR製本 PUR製本 PUR製本

PUR(Poly Urethane Reactive)接着剤を利用した製本方法のことを指します。
製本で一般的に使われているEVA(Ethylene Vinyl Acetate)系の接着剤と比べ、様々な利点があり注目を集めています。

1.PUR製本は糊が柔らかいのでよく開く本ができます。

PUR とは、Poly Uretane Reactive の略で、ポリウレタン系化学反応の事。ポリウレタンは、接着強度が強く建築や自動車の内装などの工業製品における接着剤として広く使われてきました。通常の無線綴じに使われるEVA 系ホットメルト接着剤に較べると接着力がとても強いので、とても薄く塗布するだけで、強い接着力があります。EVA 系ホットメルトが、オンデマンド印刷のトナーやインクに対して反発するのでしみ込みが弱く、ページが抜けてしまったり、皺が入ったりする事故があるのに対して、PUR は、空気中の水や紙の中の水分と直に接して反応しながら固まっていくので、より強力な接着力を発揮します。EVA系ホットメルトの背の部分は0.8mm 前後なのに対して、PUR 糊は0.4mm から0.6mmぐらいの厚さで十分強い接着力を持ちます。背中がゆるやかなカーブを描きながら本がよく開きます。背中の糊をより薄くしたりより柔らかい糊を使う事で背中が逆に折れるような本を作ることも出来ます。

*表紙の用紙が厚すぎたり堅すぎると、開きが悪くなりますので注意が必要です。

2.PUR製本は、耐熱性・耐寒性に優れています。

EVA系の接着剤の耐熱温度が45℃前後に対してPUR接着剤は耐熱温度が120℃前後、更に耐寒温度が-30℃と耐熱性、耐寒性に優れいているため、温度変化によって接着力が弱まる心配がありません。真夏の駐車所の中の車の中、ダッシュボードは。60℃くらいまで温度は上がります。また、EVA系接着剤の耐用年数は、約5年といわれています。

3.インキやトナーに対して強く接着します。

見開きの写真集等、のどの奥まで絵柄がある本の場合、EVA糊は、しみ込みが弱いので、糊がしっかり着きません。オンデマンドのトナーに対しても、EVA糊は染み込みが弱く剥れ易さがあります。其の為脇糊が着く場所などは、インクがのらない余白を2,3mm つけなければいけませんでした。PUR糊の場合は、強力な接着力を発揮します。

4.PUR製本は環境に優しい。

古紙リサイクルの場合、EVA 系ホットメルトの場合溶解温度が低いため、再生紙にとけ込むので、本の背だけをとりはずして、古紙リサイクル工程に、渡さなければならず、手間がかかってしまいますが、PUR のりの場合は、加熱しても再生紙に溶け込まず、リサイクル工程の中で接着剤の固まりとなって、パルプと完全に分離回収ができます。
EVA 系ホットメルトの溶解温度が180℃に対して、PUR 系ホットメルトは、120℃で溶解します。熱釡の温度認定としましては、省エネルギーであると言えます。 用紙のリサイクルやインキの植物性と合わせて省資源・省エネルギーのPUR 製本はこれからのエコや環境に優しい製本として、なくてはならないものとなっています。古紙リサイクル適正ランクリストでA ランクに分類されている、製本方法です。

5.オンデマンドで写真集を作ったときの本の硬さ。

オンデマンド印刷で本を作るとどうしても全体が硬くなります。オンデマンド印刷とは高性能大型プリンターで、イメージ、画像をトナーで紙に噴射します。噴射した直後、200℃の熱源で瞬時にトナーを乾かします。トナーは、用紙にしみこまないまま、表面上で乾燥硬化します。このところで本の柔軟性が少し失なわれます。
これが、写真集の場合は、用紙の両面がトナーで全面硬化してしまうので、最初の用紙の柔らかさは、大幅に減じます。尚かつ、ノドのおくまでトナーがしっかり、入ってしまうので、本がバラけてしまわないように、EVA 糊を厚めに塗布します。これで、開きの悪い固い本ができてしまいます。それらを全て解決するのが、PUR 製本です。紙の両面がトナーでおおわれていても、紙の断面の水と反応して、しっかり接着できます。ページ1枚1枚は、少し固いですが、背を柔らかくする事で、本が開くようにする事ができます。

6.PUR製本の国内需要。

PUR製本は、約10年ぐらい前から、実用化され始め、国内で認知され始めて約5年経ちます。欧米では約6割の製本がPUR製本となって居りますが、日本国内のPUR製本の普及率はまだ少数です。日本国内での普及率の低さとして製本代の高さがあります。
劣化して廃棄するPUR糊の量、後処理の煩雑さ、オペレーターの経験不足など、製本代を嵩上げている要因は数多くあります。一番大きな課題が劣化廃棄のPUR糊の量です。
PUR糊がEVA糊の約1.5倍ぐらいの金額としても、1冊あたりに使う糊の金額は3円から20円ぐらいまで。100ページ位の本でしたら10円も行きません。大きな問題はPUR糊が空気中の水分と反応して硬化していくという事。日本とヨーロッパでは、湿度が違います。ヨーロッパでは溶解釜に入れて作業を続けて約8時間以上製本できるのに対して、多湿の日本では、4時間ぐらいで、溶解釜のPUR糊を廃棄しなければなりません。EVA糊は溶解釜に入れて180度で溶かして使用し、熱源を切って一旦固まっても翌日溶かせば、また使えますので、廃棄量は殆どゼロで無駄になることはありません。PUR糊は空気中の水分及び紙が含んでいる水分と反応しながら1日から3日かけて固まっていきます。完成チェックがその時点で出来ないところが、PURの大きな短所ともいえます。
今現在、本が丈夫でよく開く本を作るとなると上製本の糸かがり、中綴じ方式の糸ミシン綴じ。それから強度は弱いですが中綴じがあります。ページ数の上限はございますが、見開き写真が見やすくなります。しかし現状折り屋さんかがり屋さん、ミシン屋さんの廃業や減少を考えると本が開いて丈夫というとPUR製本という選択肢しかありません。 また、オンデマンド印刷の更なる拡大を考えるとPUR製本の国内需要はますます増える事と思います。

7.PUR製本で重宝される本。

ハードカバーの本のかがり綴じをPUR製本にして、フォローバックで開きの良い上製本の 本を作ることが出来ます。
手を添えなくても開いていなくてはいけない本。楽譜、教科書、料理本、レシピ集、旅行ガイド。
コート、アート紙でのカラー印刷、見開き写真、アートブック。
オンデマンド印刷でノドまで印刷があり、トナーが入っている本。
エコ、リサイクルに厳しい官公庁の本。
長期に亘って使い続ける本。
真夏のイベントの本、北極、南極でのガイドブック。
複数の種類の用紙で作っている本。
ページ数が多い本。

PUR製本の長所と短所

長所

本が開きやすいので、料理のレシピ本や楽譜、取扱説明書などに最適です。 また耐熱性に優れている点から屋外で使用する旅行ガイドや地図等に、耐インク溶剤性をもつことから全面にインクがのるような画集や写真集等にもお勧めです。

短所

EVA系の接着剤と比べ、コストが若干上がることと、接着力を発揮するまで約1日かかる点があげられます。

お問い合わせ 自動見積り 特殊製本のお見積り