郵政はがき・年賀はがき印刷

  • 「郵政はがき・年賀はがき」印刷承ります。
  • 「郵政はがき・年賀はがき」印刷承ります!?

郵政はがき・年賀はがき印刷のお申し込みについて

弊社では完全データからの「オンデマンド印刷」にて、ご注文を承っております。
単面はがき、4面付はがきのどちらでも対応可能です。

 
郵政はがき・年賀はがき(単面はがき、4面付はがき)をご用意下さい。
 
余白は、天地四方に「4mm以上」必要となります。
 
断ち落としの絵柄は、お受けする事が出来ませんので、ご了承下さい。
 
色校正も承っております。金額につきましては、「各種色校正」のページをご覧ください。
ご入稿と納期について
ご入稿時に必要な物郵政はがき・年賀はがき、印刷発注書、完全データ、出力見本
詳しくは「ご利用ガイド」をご覧ください。
納期の目安午前10時迄のご入稿で「7日目」発送

郵政はがき・年賀はがき印刷 料金表一覧

お問い合わせ 自動見積り 特殊製本のお見積り

印刷職人 現場の目利き

合紙

紙と紙を糊で貼り合わせる加工の事を合紙加工と言います。 2枚貼り3枚貼りと何枚でも貼り合わせて行く事が可能です。 コート紙にカラーで印刷し、チップボールの厚紙にそれぞれ上下に貼り合わせると1mm厚ぐらいの厚いカードが出来上ります。 ファンシー系の用紙等は、それほど厚い物が用意されていませんが、合紙をすれば、紙の特長を生かしたカードの作製が可能です。 回覧板、メニュー、バインダーの表紙、POP、貼り箱等、厚い紙にカラーで印刷してある物は大体合紙加工品です。

まず下地になる方に糊付けして次に2枚目の用紙に貼り合わせます。 そしてプレスロールで圧力をかけて、合紙が出来上ります。 これを繰り返すと3枚重ね4枚重ねが出来ます。 外側になる2枚の印刷した用紙が大切で、中の紙は、厚さを出すためだけの用紙ですので、チップボールやカード用紙を使う事が多いです。 チップボールに関しては、紙を仕入れる段階で、貼り合わせ指定して、メーカーで加工してから合紙屋さんへ持ち込めば、3枚合紙ですみます。 糊の接着と乾燥は加減が難しく、特に3枚貼りの場合、上と下の貼り乾燥度合いが違うと反りが出ます。 合紙機は紙だけではなくPETや塩ビなども合紙することが可能です。

4面付年賀状とアート紙にオフセット印刷したカラー印刷物を合紙する場合があります。 4面付年賀ハガキに直接印刷する方法は、オンデマンド機を使用する場合と、菊4切オフセット印刷機を使う方法と二つ有ります。 オンデマンドは発色も良く、オフセットに較べれば奇麗ですが、オフセット印刷のシャープな美しさでは劣ります。 そこで考え出された方法です。 年賀状は非塗工紙の再生紙ですので印刷は奇麗ではありません。 紙の厚みは存在感、インパクト、丈夫さに繋がり、アナログ的なる物本来の力強さを感じさせます。 通常の印刷機で印刷出来る厚さが0.25mm、厚紙仕様の印刷機で、0.8mm。 イニュニックの印刷機は0.5mmまでです。 カラー印刷の場合は合紙するしかありません。 私の名刺はイロボールで0.8mm厚。 スミ1色の活版印刷で作っています。 お渡しすると皆様一様に驚かれます。 厚紙に印刷する方法は、他には箔押し、シルク印刷等があります。