オフセット 折パンフレット印刷

 
ページ数、折り方は以下よりお選びください。
4P:二つ折
6P:巻三つ折 or 外三つ折り
8P:観音折 or 外四つ折り
※折加工のイメージについてはこちら
 
色校正は別途料金にて承っております。詳しくは「各種色校正」をご覧ください。
 
下記以外の仕様での折りパンフレット印刷も承っております。お気軽に「お問い合わせ」下さい。
ご入稿と納期について
ご入稿時に必要な物印刷発注書 ・ 完全データ ・ 出力見本
詳しくは「ご利用ガイド」をご覧ください。
納期の目安午前10時迄のご入稿で「3営業日目」発送

オフセット 折パンフレット印刷 料金表

対応用紙1
刷 色 表4色/裏4色
サイズ A4
ページ数 4P 6P 8P
100部 16,500 29,900 36,500
200部 17,200 30,200 39,100
300部 17,900 31,400 40,600
400部 18,700 32,500 42,200
500部 19,400 33,800 43,700
600部 20,200 34,800 45,200
700部 20,900 36,000 46,800
800部 21,600 37,200 48,400
900部 22,400 38,400 50,000
1,000部 24,100 41,100 52,700
1,500部 27,600 45,100 57,600
2,000部 31,100 49,000 62,500
2,500部 34,500 52,900 67,700
3,000部 38,000 56,700 72,800
3,500部 41,500 60,500 78,000
4,000部 44,900 64,300 83,100
4,500部 48,300 68,200 88,300
5,000部 51,700 72,000 93,500
5,500部 54,500 75,100 97,700
6,000部 57,300 78,100 101,900
6,500部 60,400 81,000 105,700
7,000部 63,400 83,800 109,500
7,500部 66,500 86,200 112,700
8,000部 69,500 88,500 115,900
8,500部 72,500 91,800 120,300
9,000部 75,500 95,000 124,700
9,500部 78,000 98,300 129,100
10,000部 80,500 101,500 133,500

印刷職人 現場の目利き

ラフ嵩高用紙の印刷

紙らしさ、柔らかさ、軽さ、しなやかさ、どれを取っても紙本来の要素を兼ね備えた大人気の用紙「ラフ嵩高用紙」、 お客様にご提案するとほとんどの方々にご賛同頂きます。

さてこの「ラフ嵩高用紙」ですが、テクスチャー、風合い、存在感は、申し分無いのですが、印刷仕上りに少し難があります。 嵩高用紙には、非塗工紙と微塗工紙が有ります。塗工していない用紙と、少しだけ塗工した用紙と言う意味です。 コート剤(炭酸カルシウムとデンプンなどを混合して作ります)を、用紙の表面に、コーターで塗布する事に依って 美しさや平滑さを高め、着色効果、インキののり、光沢感を出します。 アート紙は、上級印刷用紙に、40g/㎡前後使用して有り、高級カタログやカレンダー等に使用されます。 コート紙は、20g/㎡~40g/㎡ぐらいコート剤を塗工した用紙。軽量コート紙で、15g/㎡ぐらいで、主にチラシ等で使われます。

さて、嵩高用紙等に主に塗布される微塗工紙で、12g/㎡以下に設定されています。 多く塗工すればするほど、紙の風合いは無くなりますが、印刷は綺麗に仕上がります。 女性の化粧と同じで、塗れば塗る程綺麗になりますが、女性本来の素朴さや、優しさは消えて行きます。 そこで登場するのが、ラフ嵩高微塗工紙です。限り無く素っぴんに近いけど、女性本来の美しさを、引き立てている感じ。 この嵩高紙に印刷した時に生じるのが、粗さです。表面が凸凹しているので、しょうがありません。 もう一つの欠点が、乾きの悪さです。

まず最初の粗さに関しては、データで補う事が出来ます。 印刷の仕上りが少しぼんやりするので、少し強くコントラストを上げます。印刷のツブレによって、全体的なトーンが、暗くなるので、中間色を少し明るくします。 そしてここが、キモですが、少し強すぎるぐらいシャープネスをかけます。これで、ラフ嵩高用紙の欠点は、ほとんどカバーできます。 モニターや液晶の美しさが、一つの形として出来上っているので、紙に求められている要請は、画像の美しさでは、なくなっています。 手から手へ伝えて行く、紙本来の手触り風合いです。そこが印刷メディアの生き残っていける道です。 もう一つの欠点の乾きの悪さは、ゆっくり時間をかけて作業するしか無いのですが、イニュニックでは、速乾の印刷技術、UV印刷を導入しています。 UV印刷は、インキの中に特殊な材料を入れて、紫外線によって硬化するようにしており、排紙台の上に出て来た時には、乾いた状態になっています。なので、すぐに製本加工が出来ます。

印刷の世界が、アナログからディジタルに移行した時に起ったのは、印刷仕上りの軽さでした。これは、ちょうどカメラが、フィルムからディジタルに移行した時と重なります。 この時満を持して行った、印刷工程のディジタル化に激震が走りました。重み、深み、濃さ全てが消えてしまったのです。 しかし、ディジタル加工の技術によって、印刷物の美しさや、精細さは、昔の水準を遥かに超える事になりましたが、取り戻せていないのが、紙にのったインキの味です。 網点と網点の間に有るアジ。たぶんこれを埋めるのが、ラフ嵩高用紙のツブレなのでは、ないかと考えています。

お問い合わせ 自動見積り 特殊製本のお見積り