オフセット リーフレット・フライヤー印刷

{$title}
 
印刷は「オフセット印刷」になります。
 
下記以外のサイズ、用紙でのリーフレット・フライヤー印刷も承っております。
お気軽に「お問い合わせ」下さい。
ご入稿と納期について
ご入稿時に必要な物印刷発注書 ・ 完全データ ・ 出力見本
詳しくは「ご利用ガイド」をご覧ください。
納期の目安午前10時迄のご入稿で「2営業日目」発送

オフセット リーフレット・フライヤー印刷 用紙別料金表

お問い合わせ 自動見積り 特殊製本のお見積り

印刷職人 現場の目利き

カレイドは綺麗ぇーど!

「やっぱ、暑い夏はカレーだよね!ちょっと一口食べてみなんしょ、辛ぇーど!」という訳でもないでしょうが、 東洋インキが開発したインキにカレイドインキがあります。 「カラーがえぇーど!」と言う意味なのか?広演色印刷を実現する画期的なプロセスインキです。 色狂いの様な鮮やかさ、4色印刷なのに6色、7色印刷に近い色表現を可能にした印刷システムです。 発想が関西系かも知れません。 関東は引く文化、関西は盛る文化。 しかし視覚表現領域の高再現性は、盛る訳でも何でも無く大元の視覚認知色彩又は、RGB画像の広い色表現領域の再現をめざす訳ですから、 より実際の色に近い表現が可能になる印刷システムなのです。

人間の目で視た景色とカメラで撮った景色の色表現は異なります。 カメラのRGB画像は、人の目の視認色を全てカバーしている訳では無いのです。 RGB画像をCMYK画像に変換した時に又、色再現の縮小が起きます。 具体的には、濃いブルー、エメラルドグリーン、オレンジ、ピンク等、鮮やか系の色は、大体近い色で濁ったりくすんだりした感じになります。 色相、彩色、明度による2次元及び3次元表記の色度図を表した図でガモット図と云うものがありますが、 AdobeRGBでさえ視認色の2/3位の範囲をカバーしているのにすぎず、CMYKとなりますとRGBの3/4位の色再現になります。 ただ色再現の客観性を全ての領域でカバーしなければいけないか?と云いますと、決してそう云うものでも無く、ある意味、 絶対的恣意性において事物や風景は、認識されている訳です。 運命の女に出会った時、その目に映っている風景は、現実の色ではないものに染まっているかも知れませんし、 かけがえの無い親友が亡くなった朝には、全ての色が消え失せているかも知れません。 それぞれの色が恣意的でも、より多くの人と共有できる色再現性となると、やはり科学的に裏付けられた色表現が大切になるのは、 云うまでもありません。

カレイドインキで印刷する方法は、通常のプロセスインキを東洋インキ販売の「カレイドプロセスインキ」に変えて印刷するだけですが、 データの作成、確認はジャパンカラーではなく、専用のICCプロファイルが必要となります。 Kaleidoプロファイルは、広演色印刷の効果を最大限に発揮する専用のプロファイルです。 モニター確認やインクジェット出力でも反映されますので、印刷前段階でチャックする事が出来ます。 刷版時に色管理、製版カーブの調整、印刷機でのドットゲインの調整等、通常のプロセスインキとは、異なる印刷準備が必要となりますので、 時間と費用が割り増しされます。