オフセット ブックカバー印刷

 
用紙は「コート135K」、刷色は「片面カラー4C/0C」となっております。
また、加工は「クリアPP」または「マットPP」から、お選び頂けます。
 
サイズ別に2パターンの料金表を設けております。ご希望のサイズをお選びください。
 
スジ入れ加工、カバー付け等の金額は入っておりません。
PP加工した後、トンボにて断切したペラの状態で納品した場合の金額になります。
 
色校正は別途料金にて承っております。詳しくは「各種色校正」をご覧ください。
 
上記以外の仕様でのブックカバー印刷も承っております。お気軽に「お問い合わせ」下さい。
ご入稿と納期について
ご入稿時に必要な物申込書 ・ データ ・ 出力見本
詳しくは「ご利用ガイド」をご覧ください。
納期の目安午前10時迄のご入稿で「4営業日目」発送

オフセット ブックカバー印刷 料金サンプル

対応用紙1

✱ 下記からご希望のサイズを選び、クリックして下さい。

最大幅620mm料金表

刷 色 表4色/裏無
加 工クリアPPマットPP
100枚 28,810 28,810
200枚 29,570 29,570
300枚 30,320 30,320
400枚 31,070 31,790
500枚 31,820 34,820
600枚 34,250 37,850
700枚 36,690 40,890
800枚 39,120 43,920
900枚 41,550 46,950
1000枚 43,980 49,980
1100枚 46,410 53,010
1200枚 48,850 56,050
1300枚 51,280 59,080
1400枚 53,710 62,110
1500枚 56,140 65,140
1600枚 58,570 68,170
1700枚 61,010 71,210
1800枚 63,440 74,240
1900枚 65,870 77,270
2000枚 68,300 80,300

最大幅840mm料金表

刷 色 表4色/裏無
加 工クリアPPマットPP
100枚 40,840 40,840
200枚 42,860 42,860
300枚 44,880 44,880
400枚 46,890 46,890
500枚 48,910 49,510
600枚 50,920 53,320
700枚 54,200 57,140
800枚 57,600 60,960
900枚 60,990 64,770
1000枚 64,390 68,590
1100枚 67,780 72,400
1200枚 71,180 76,220
1300枚 74,580 80,040
1400枚 77,970 83,850
1500枚 81,370 87,670
1600枚 84,760 91,480
1700枚 88,160 95,300
1800枚 91,560 99,120
1900枚 94,950 102,930
2000枚 98,350 106,750

印刷職人 現場の目利き

ハイブリッドUVオフセット印刷

UV印刷とは、紫外線を照射する事によって即時に硬化するインキを使って印刷する事を言います。 今までは、パッケージ関係の印刷物、アルミ蒸着紙やPET、PP等の透明素材、油性のオフセット印刷機では刷れなかった印刷を行って来ました。 インキは紙の上に乗る事によって、ゆっくり徐々に乾いて行きます。乾くのに時間がかかる為に、紙と紙の間にパウダーを塗布して密着して裏写りするのを防いでいます。

ハイブリットUVオフセット印刷はインキを硬化させるUVランプを進化させ、少量の光でも硬化できるようにした物です。 一般にUV印刷は、その特殊性にて紙では無い素材に印刷するのが普通でしたが、イニュニックでは、普通の紙に印刷しています。 主に能力を発揮するのは、今流行のラフグロス系の用紙、ヴァンヌーボ、Mr.B、又は、ラフ嵩高紙のOKアドニスラフ、OKブライトラフ等、 これらの用紙は印刷の乾きが悪く、とても事故の多い紙でした。 多めにパウダーを吹かなければいけませんし、製本加工に廻すのに時間がかかります。又、生乾きによるこすれ、裏移り等も起きます。

ハイブリットUVオフセット印刷にしてから、それらの事故が皆無になったのは勿論ですが、一番大きいのは、真っ黒に思う存分濃く印刷できる事です。 印刷の濃度が低いのは、よく経験されると思いますが、これは、唯、印刷の乾きを早くする為です。薄く印刷すると、早く乾きますし、すぐに後加工に廻せます。 ラフ嵩高紙は、濃く印刷しないと、見映えがしません。濃く印刷する事によって、紙のテクスチャーを抑え込みながら乍ら、そのテイストを生かす仕上りになります。 印刷は、紙によって印刷の上がりを変えています。内容によっても刷り方は違いますし、納期によっても違います。 ハイブリッドUVが、それらの垣根を越えて新たな印刷の地平を見せてくれる事の可能性を秘めた印刷だと言う事は、論を俟ちません。

欠点も申し上げておきましょう。特色はできません。ハイブリッドUVインキがないので、特色は出来ません。 ハイブリッドUVオフセットのインキは、プロセスカラー4色、ホワイト、金赤、金、銀などです。透明ペットに印刷する場合は、まず白に印刷して、その上にカラー印刷します。 それから、もう一つの大きな需要が、ハイブリッドUVでカラー台紙を印刷して個断ちして、オンデマンド機でバリアブル印刷で、可変印字をして商品を仕上げる事が出来ます。 オンデマンド機は、印刷機のパウダーを嫌います、故障の原因になります。

お問い合わせ 自動見積り 特殊製本のお見積り