オフセット印刷

オフセット印刷について

原理

オフセット印刷とは、印刷技術のひとつであり、版と紙が直接触れないのが特長となっています。

版に付けたインキを一度ゴムブランケット等に転写(オフセット)した後、紙等の被印刷体に印刷します。その為、オフセット印刷と呼ばれます。

さらに、ここで軽オフセット印刷の説明もします。軽オフセットとは、製版にPS版ではなく「ピンクマスター」と呼ばれる紙版を使用する印刷形式。また、略して「軽オフ」と呼ぶ事が多い。

アミ点がつぶれやすく、写真などを含む精密さやベタなどの多い印刷物には不向きではあるが、製版コストが安く、手軽な料金設定がメリットであり、オフセット印刷でも軽印刷の代表的な技術となっています。しかし、近年は紙版の製版機もデジタル化となっており、PS版と比べ遜色のないレベルまで網点の再現性が向上している。

wikipedia「オフセット印刷」一部参照

CTP印刷について

データから直接、印刷の版を作りますので、早くきれいが実現。 印画紙、フィルム、プリントアウト出力紙等の中間感材を使用しないので、写真のアミ点がシャープに表現できます。

従来のアナログ製版では、写真1点につき費用が加算されていましたが、写真画像がうめ込まれたデータ支給の場合はそういった費用はかかりません。

FMスクリーン・CTPの比較一例

下記では、「FMスクリーン」やCTP印刷の300線と175線の仕組みや、用途についての説明を大きい画像で説明しています。

元画像

FMスクリーンについて

FMスクリーン

入稿されたデータは、4色(青・赤・黄・黒)の網点に置き換えて印刷します。FMスクリーンは網点の種類の一つで、従来のAMスクリーン175線に比べて非常に高精細な細かさ(約1/4 20ミクロン)で写真などの画像を表現します。

例えるとすれば、「普通のテレビ」と「ハイビジョンテレビ」の違いがあります。全体的に鮮やかに仕上がり、CMYKの色表現域も広がります。又、一つ一つの網点があまりにも微細な為、印刷機の状態等の影響を受けずにデータ通りの表現が可能です。

AM 300線CTP印刷について

300線印刷

高精細AM300線CTP印刷。従来の175線のCTPの線数に比べて、1.7倍の超極細階調表現。遠景の人物画像でも、表情が解りやすく、荒いドットが見えません。

コート紙やマットコート紙に適した線数です。弊社では、非塗工紙(上質紙)以外は全て、300線のカラーが標準です。

AM 175線CTP印刷について

175線印刷

オフセット印刷。
全ての種類の用紙と、印刷仕様に対応できます。
主に上質紙、書籍用紙の、カラー印刷に適した線数です。

120線CTP印刷について

120線印刷見本_1 120線印刷見本_2

軽オフセット印刷。墨印刷のみ。用紙は、上質紙・再生紙・特殊紙・書籍用紙(淡クリームキンマリ、モンテルキア、b7トラネクストなど)のみ。1/2以上のベタ、平アミ等は出来ません。

印刷職人 現場の目利き
印刷職人 現場の目利き

印刷 立ち会い

「印刷立ち会い」とは、本刷りの当日印刷現場に赴いて、色味等をチェックして、修正指示を出して本印刷を行うことを云います。 タレントさんやミュージシャンの方々、写真集、作品集、図録等でよく「立ち会い」が行われます。 簡易校正や本紙校正の段階で色の調整は行われているのですが、やはり当日の温度や湿度、通し枚数によって色の傾向がどちらかに振れて行きます。 立ち会いは現場の空気を引き締めます。 気持ちの入った作品の質にまで影響してくる所なので、気の抜けない所です。 ただ、ある一箇所の色にだけ拘りの場合、現場は困ってしまいます。 印刷機は、片面8面、16面で一遍に刷ります。 絵柄は、印刷機の流れに対して、2面、4面と並んでいるので、その中の一つの画像だけ選んで、赤を上げたり青を下げたりと云う事は出来ません。 他の画像に影響して来ます。 そこの色調整の指示は、本紙校正の段階で終っていなければいけない作業です。

印刷立ち会いは、フィルム時代(アナログ)に良く行われていた工程でした。 それぞれの製版屋さんの技量もありますが、一回目の色校正に対して、それなりに赤を入れますが、2回目の校正で大体OKでしたら、 今度は現場での技術で修正して行くというのが大方のパターンで、その時に立ち会いが行われます。 もう一回フィルム出力すると、結構な金額が掛かるからです。 昔の印刷機のレベルもありますし、フィルム製版のレベルも有ります。 ある程度の所でしょうが無いと云う事もあります。

現在の立ち会いの本当の意味としては、コスト優先で早くて安い印刷工場に発注したいが、 荒っぽい仕事をして粗悪な印刷仕上りでは困ると云うのが、本音の様な気がします。 データ作成の技術、色調整の技術、CTP製版、刷版データが印刷機のツボを動かす最新の印刷機。 昔のアナログ時代に較べると、素晴らしい進歩です。 現在は、印刷オペレーターが上手に刷り上げる時代ではありません。 データが全て。 データ造りでどの様にもなります。 だから機械が全てやってくれるので、若いオペレーターの技術は中々上がりません。 イニュニックには、アナログ時代からのオペレーターの腕があります。 色校に忠実に近づける熟練と、妥協を許さないプライド、そして最終的な仕上げを見極められるセンス。 これらが揃って、最高の仕上りが実現できます。 それでも、作品の質の最後のエキスは、作家の方でないと差配できません。 最後の一滴が立ち会いで完成されるのでしたら、これ以上希むべくも無い仕上げです。

お問い合わせ 自動見積り 特殊製本のお見積り